日産キャラバン 鈑金事例紹介

日産キャラバンの鈑金

損傷個所は右側中心でした。運転席のドアから後ろ側ですね。

スライドドアは交換作業、その他は鈑金していきます。

鈑金作業は溶接機をよく使います。

上の写真も塗装を剝いだ後、鉄に治具をくっつけて鈑金をしています。

あとは引っ張りながらハンマー・当て判で均していきます。損傷がどこまで及んでいるのかよく見極めながらの作業になります。

黒パネルは新品のパネルです。

隣り合うパネルと注意深く合わせていきます。少し茶色く見えるのはパテという整形に使うものです。いろいろな道具を使うので効率的に行っていきますが、これがなかなか難しいです。

ここで注意するのは、次の工程が塗装になるのでしっかりとした鈑金作業で塗装に回してあげること。仕上がりの良し悪しは一人ではなく共同作業で決まってきます。(当社の場合)

塗装工程です。色合わせから始まりマスキング作業や最終チェック、もちろん塗装も大事な作業です。このあと磨きで組付け引き渡しとなるのでとても大事な工程なんです。

塗装はデリケートな部分が多いです。気温、湿度によるシンナーの選択、作業内容による塗装種類の選択、隣接するパネルとの色合わせ、最終仕上がりをイメージした下地作り、適切なマスキング、塗る技術、肌などを整える目、季節によって変わる様々なことを考慮してその時に合った選択をしていきます。これが積み重なり経験となります。

組付けて点検・清掃・確認ののち納車になります。

ボディーオート桜井では自動車の鈑金塗装をメインでお仕事をさせていただいております。お困りのことなどあればお気軽にお問い合わせください。

また、新車販売、カーリースなども大変好評をいただいております。鈑金屋さんから車を買うこともできるんですよ!車検整備はもちろん、有事の際の対応までがワンストップで提供ができます。

お問合せは以下のフォームか、お電話またはボディーオート桜井LINE公式アカウントからお気軽にご連絡下さい♪